段ボール箱宅配買取で何が必要かといえば、基本中の基本、段ボール箱です。

買取商品を選んだところで、詰める箱がなければ・・・!

「段ボールってそういえばどうすればいいだろう・・・?」

段ボール箱の入手方法について、どうやって手にいれるのかをまとめてみました。


スポンサーリンク
-----------------------------------------------

段ボール箱をスーパーやドラッグストアで貰う

スーパーマーケットやドラッグストアには、毎日荷物が搬入しています。

当然、段ボールも捨てるほどあります。

段ボール箱は、お店の店員さんに言うとただで貰うことができますので、勇気を出して聞いてみましょう。
(段ボールを配布しないポリシーのお店もあるかもしれません)

わたしの住んでいる近所では、「好きなのをどうぞ~」と言われるので、丈夫そうな箱を選びます。
本を入れるので、底が抜けたら嫌ですし・・・。

できるだけ、匂いのないもので丈夫なものにしましょう。
買取商品に匂いが移ると、査定に響くようです。

買うという手段もある

有料ですが、約200円ほどでホームセンターや郵便局(ゆうパックの箱)、クロネコヤマトなどで購入が可能です。

サイズも小さいものから大きなものまでありますが、だいたい「大」のサイズがちょうどいいと思います。

営業所にいってもいいですし、集荷のときに段ボールを注文しても持ってきてくれます。

無料で段ボールを手配してくれるショップを使う

買取サービスの中には、買取申込みをしたときに段ボール箱がいるかいらないかを聞いてくれるところもあります。

もちろん無料でくれます!

申込みをするときにどれだけの段ボールがいるのか聞かれますので、ざっくり売りたいものの目星をつけておくといいかもしれません。

感想を書いた当時の情報です。
最新情報は、ご利用のショップでご確認くださいませ。

スポンサーリンク

この記事を読んでいる人は、以下の記事も読んでいます